FC2ブログ

ぺんぎんWALK

ぺんぎんは(旭山動物園で)空を飛ぶ。海にもぐり、ちょこちょこ自由に歩き回り、シャチに襲われそうになったことも大波に飲み込まれそうになったことも…。でも、これからもぺんぎんWALKで一歩ずつ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち

8年前、「Lifers ライファーズ 終身刑を越えて」
という映画を見た。
わたしは、今も部屋の壁に、そのチラシを貼っている。

 ~人は 自分の中に作り上げた「牢獄」から いかに自由になれるか

この言葉は時に、わたしに語りかけ続ける。

アメリカの終身刑の受刑者達が、薬物や殺人など、自分が犯した罪を受け止め、
自分自身を語ることで、人生を変えていく…ドキュメンタリー映画だった。

罪は、決して簡単に許されることではないが、
若くして、暴力や薬物などに依存し、
生きることを忘れていたような人達が
その生き方を変えて行くさまは、心を打つものがあった。


そして、今、(今、うちのネコが寝ていた椅子から落っこちた

そして、今、同じ坂上香監督が、女性をモデルとして

「TALK BACK トークバック 沈黙を破る女たち」 を作り上げた。

ここに登場する多くの女性はHIV陽性者、
そして、それを公にしないで、ふたをして生きてきた。

感染した過程はレイプだったり、売春だったり、薬の回しだったり
さまざま…受刑者だったり、公務員だったり、NPO法人職員だったり、母だったり

でも、共通することは、過去をないものにして生きていたこと。

その彼女たちが、芝居を通して自分の内なる声を出し始める。

そこにはそれぞれの人生があり、心の奥から語られる言葉に心打たれる。

 くっそたれ、なめんじゃねえーー

そう叫びたいことって、結構あったかも、
でも、多分ふたをしてきた。
その方が社会の中では安全だったから。

こうして、心の奥にずっとしまってきたことを
いつか、語ることができるのだろうか。

大衆の前で語ることで、自分を取り戻し、
いや、新しい自分と向き合い、自分を信頼し…

変わって行く彼女たちに、羨望を感じた。

そこで語られるように、

~どんなに苦しいときでも 新しい未来が待っている

 人生はかならず、やりなおせる


それは、誰にでも、???本当に???

そう、問いかけたくなる映画だ。
  

P1000833_convert_20130504154054.jpg

メビウスも叫んでおるような…


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://pennguinwalk.blog.fc2.com/tb.php/105-c82b31c7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

うさぎいぬ

Author:うさぎいぬ
日々のできごと、家族のこと、息子のクローン病のこと、仕事のこと、ペットのうさぎのこと、旅のことなど、徒然に書き続けます。

最新記事

カテゴリ

未分類 (11)
プチ旅 (3)
旅っくす (12)
愛すべきいろいろ (14)
想うこと… (31)
映画好き (13)
依存する生き方 (3)
クローン病 (5)
ある日の出来事 (24)

黒ねこ時計 くろック D03

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
50425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
1729位
アクセスランキングを見る>>

こんにちはーーの数

ぺんぎんWALK

う~ん、よかったらクリックしてね。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。