FC2ブログ

ぺんぎんWALK

ぺんぎんは(旭山動物園で)空を飛ぶ。海にもぐり、ちょこちょこ自由に歩き回り、シャチに襲われそうになったことも大波に飲み込まれそうになったことも…。でも、これからもぺんぎんWALKで一歩ずつ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーロラツアー イエローナイフ

人生で、どうしても、どうしても、
見たかったものがいくつかあって

それが、エアーズロックであり、
マチュピチュであり、
グランドキャニオンであり、
アフリカの動物だった…

見るたびに感動であったが、
あとひとつ、オーロラ…。

どこが見られる確立が高いのか、ネットで調べ
さんざん迷った末に、イエローナイフを選択。
出かけたのは1年前。

P1000742_convert_20130505003311.jpg
行きの飛行機の窓からオーロラが見えて感動。
高度が高いから天気にかかわらず見られた。

寒い北海道からなんで??って感じだったが、
まあ、他の人より寒さには慣れているので、…
P1000726_convert_20130505003400.jpg
防寒着は旅行にセットされていた。

イエローナイフは日中も夜も氷点下20度のまま、
車にバッテリーのためのコードがついているのにはびっくり。
P1000730_convert_20130505003201.jpg

オーロラだけでなく、日中は犬ぞりとたき火で焼きマシュマロ体験。
P1000698_convert_20130504160612.jpg
子犬かわいい。
P1000693_convert_20130504160527.jpg
犬ぞりはせっかくだから操縦も体験したが、乗るだけでよかった、
混んでいて最後の番で、疲れると犬は代わるが、
なんかかわいそうでもあった。

仕事の都合で11月に出かけたが、天候に恵まれず、
オーロラもちょろちょろしか見えず。
しかも緑ではなく、白。写真にうまくとれると緑になる。
わたしが見たのをプロがとったもの…
寒い中待って、見られたときは感動だった。

121126_1503~02
121126_1459~01

最後の日、オーロラ爆発だったが、それはホテルに帰ってから。
すごいのは結局見逃し、後悔だけ残った。
延長をかけた人のみ見れて、残念。
121126_1456~01


P1000676_convert_20130504160445.jpg
バッファローのハンバーガーおいしかった。
イエローナイフ自体はこれといった観光スポットもない小さな町。

121127_0532~01 (1)
最後、空港で見たサンピラー現象。

もう一回、是非にオーロラ爆発を見たい!!
リベンジしたいと思う。

ところで、行きの飛行機で隣の席になったサンドラ。
アメリカでシンガーをしていて、19才で家を出て20年ぶりに実家に帰ると。
空港で別れたが、お迎えは来ていなかった…。

近くだから、大丈夫!と笑って言ったが、
彼女は母親に会えただろうか。

そういえば、彼女曰く、どうしてこんな寒い時に来るの?
夏がいいよーー

そして観光客は日本人ばかり…

2012.初冬
スポンサーサイト

モロッコ旅行記 2

イスラムの寺院をたくさん案内されたが、
余り興味がないので、どこも同じに見えてしまう。
遺跡や、化石も…。

P1000249_convert_20130505103700.jpg

寺院の上のコウノトリの巣。
P1000563_convert_20130505121922.jpg
遺跡と化石…
P1000272_convert_20130505122128.jpg

P1000505_convert_20130505103910.jpg

P1000319_convert_20130505103821_20130505113232.jpg

猫も…
P1000579_convert_20130504161703.jpg


マラケシュの旧市街の散歩と買い物は楽しかった。
アラビアンナイトの世界にいるよう…
決して離れないで!とガイドさん。
迷路のような道を歩くだけでわくわく。

P1000600_convert_20130505121951.jpg

P1000540_convert_20130505120917.jpg

フナ広場の買い物も楽しかった。
時間が足りないくらい、お店がいっぱい。
コブラのへび使いに人だかり。
夜はもっとにぎやからしい。

P1000545_convert_20130505121020.jpg
ジュースの屋台。

P1000608_convert_20130504161742.jpg

そして、サハラ砂漠。
想像していたより、砂の砂漠は小さく、
砂利の荒野が延々と続く…
これが本当の砂漠なんだと実感。
サンテグジュペリが不時着したのはこの荒原なんだと。
P1000334_convert_20130504161208.jpg

そんな砂漠に住んでいる人もちらほら…
P1000328_convert_20130504161137.jpg

P1000378_convert_20130504161306.jpg

砂漠で見た朝日。
P1000401_convert_20130505122051.jpg

朝日に浮かぶ自分。
P1000420_convert_20130504161437.jpg


北アフリカはイスラムの国で、いろんな表情を持っていた。
生きる~ことについて、考えさせられる旅だった。


こぼれ話~ってか、こわーい話

実は…
モロッコで買い物した2~3店分のカードの支払いがまだ…。
アルガンオイルやバラの香水、金製品、革製品等
最初はドキドキしてカード会社に問い合わせたりしたが
請求が来ていないと。
誰に聞いても、時間がかかり過ぎと言われる。
カード会社に聞いたところ、請求の期限はないとのことで
いつか来るのかもー、多額の請求ならと心配だが、
なんとこの時に限り、レシートは破棄したあと…。

運を天に任せ、しょうがない!と。
他のツアーで添乗員さんに聞くと、あーーあの会社、と
このツアー会社のことを言われる。
いろいろなツアー会社を利用しているが、
う~ん、でも安いし、連れて行ってくれるところもスーパーなど
庶民的で、わたし的には合うのだが。

それからはできるだけ、現金で購入するようにしている。


P1000244_convert_20130504161024.jpg


2012夏。



モロッコ旅行記 1

仕事の都合もあって、
真夏に北アフリカのモロッコに出かけた。
南アフリカで40℃以上の暑さの中、象の背中に
1時間以上乗っていられたんだから大丈夫!
と根拠のない自信が後押し。

わたし達の一つ前のツアーはな・なんと・50℃にまでなった…
わたし達は幸い最高48℃くらいまでで、
最近涼しいと言われる中、旅行が始まった、、、、、

なぜ、モロッコ?
わたしはあまり他人が行かないところを選択するので
いつも聞かれる。
(モンゴルと勘違いする同僚も、朝青龍の…とか)。

ほら、あのサンテグジュペリの「星の王子様」
の故郷だから…

それでどうしてもサハラ砂漠に行きたかった、

のと、バブーシュと本場のタジン鍋に憧れた。

タジン料理
P1000522_convert_20130505120944.jpg

流石に重くてタジン鍋はあきらめたが、
バブーシュは室内用を含めお気に入りを何足かをゲットし、愛用中。
P1000502_convert_20130504160916_20130505112454.jpg



P1000617_convert_20130505104032.jpg

モロッコに行って、あーー
と思ったのが、イスラムの国であること。
奥さんは4人まで持ってよくて、
少女がお金持ちのおじいさんに嫁ぐこともある。

ガイドさんに、〇〇さんは?と聞くと
彼はにや~と笑って、お金も必要だけど、
奥さんみんなを同じように愛して満足させないといけないから~
ムリだねーーと。??

街を歩くと、昼間からカフェに座っている男性が
観光客を珍しそうにじろじろ見る。
でも、どこに行っても、女性がカフェに座っているのは
皆無。

男性はシャツとズボンだが、女性は今時のパンツ姿は少なく、
膝丈のスカートは見られない。
宗教によっては黒い布で顔や全身を覆っている。
日に5回街頭放送でコーランが流れると
突然、膝まづいて祈る男性の姿をよく見かけた。
祈る回数は自分でカウントする、神が見ているから…

トドラ峡谷に立ち寄った際、遊びに来ていた
少女が「ハロー」と、話かけてきた。
持っていたウェハースを差し出して、にこやかに笑った。
傍で見ていた母親は笑顔で遠巻きに見つめていた。
少女は誇らしげに母のもとに戻った。
ウェハースはおいしかった。
峡谷は水遊びやハイキングなど、休日を過ごす人であふれていた。
P1000461_convert_20130504161558_20130505112458.jpg

モロッコで気に入ったものの一つが
サボテンの実、フナ広場のオレンジジュース。
ジュースはその場で絞ってコップに入れてくれる。
おいしかったし、暑いから何杯も飲んだけどややお腹がゆるくなる。

サボテンの実の屋台(フナ広場)。ここで食べるというと剥いててくれる、

P1000549_convert_20130504160829_20130505113226.jpg
ホテルの近くの路地でも買って食べた。
P1000634_convert_20130505104246.jpg
屋台で売っている焼き菓子もおいしかった。
P1000623_convert_20130505104143.jpg

130519_1308~01

何ともあやしげな?…プリンの素、
お土産に買ってきた。
帰国後、後輩がネットで作り方を調べてくれて
作って、みんなに配る。
今時の、こってり感がなく、上にみかんの缶詰を
載せてちょうどいい感じだった。        

2012、夏

モロッコ旅行記 2   ~に続く

第1652回「旅行の必需品!」

ちょっと小ぶりのクッション……
(わたしは百均のクッションの中身を抜いて1/2にした)

実は1月に今までにないぎっくり腰で
1週間安静。
トルコに行こうと決めたが
飛行機に長時間乗るのが不安で仕方なかった。
仕事は忙しく、帰国後休みは取れる状況でなく。

整形外科に受診し、やはり
同じ姿勢は一番よくないと言われ、
コルセットと痛み止めの座薬、内服薬を出してもらった。

それと、飛行機の座席に小ぶりのクッション持参、
席は数時間ごとに立てるように通路側を希望。
バスの移動時間も結構あって、クッションは重宝した。
移動の時つぶしてもちょっと邪魔だったけど。

海外旅行保険はちょっとお高くても
持病もカバーするものを契約した。

ドキドキで出かけたが…
無事帰還。
時々痛くはなるが、今のところ再発なし。

リスクを冒しても、やはり
究極の楽しみは捨てられない。

P1010211_convert_20130506150507.jpg

トルコ旅行記 2

トルコ徒然…

高級絨毯、数百万円するものも…いいなあと思うと、
30cmくらいの小さなものでも80万円、
60万円にすると言われても手が出なかった
P1010129_convert_20130504155427.jpg

エフェス遺跡
紀元前7世紀アルテミス神殿から始まり、
紀元前2世紀頃栄えたローマ時代の街。
テルマエロマエみたい…。
P1000967_convert_20130504154744.jpg
P1000988_convert_20130504154824.jpg
ケルスス図書館。

P1000953_convert_20130504154614_20130504224340.jpg
時空を超えた感動…。

P1010009_convert_20130504155036.jpg
こここそ、クレオパトラとシーザーが…工事中でした

カッパドキア 気球体験と洞窟ホテル
カッパドキアでは洞窟ホテルに宿泊。
着いた日は強風で気球飛ばず、翌日は晴天。
1泊したから乗れた気球、エジプトの事故後で乗るまでは迷ったが
絶景でした。降りる時に、ちょっとがくんとなり
腰痛持ちのわたしはビビったが、コルセットしてて切り抜ける。
P1010233_convert_20130504155547.jpg

P1010220_convert_20130504155625.jpg
P1010147_convert_20130504235247.jpg

P1010116_convert_20130504155351.jpg


パムッカレ遺跡と石灰棚
美しい景色…温泉で美貌が手に入ると、
でも、わたしはといえば、石灰にかぶれたみたいで、
バスに乗ってから足の痒みでひぇーー
そんな方今まで聞いたことない、、、と添乗員さん。
P1010033_convert_20130504155158.jpg
P1010043_convert_20130504155238.jpg


トプカプ宮殿、アヤソフィアと地下宮殿
P1000870_convert_20130504154522.jpg
カーネーションとチューリップの文様の陶器のナベ敷き購入。

地下の貯水池はやや不気味。
メドゥーサの像もあり。
P1000834_convert_20130504235017.jpg
マリアの手形に指を入れて一回転できると願いがかなうと。
P1000832_convert_20130504235050.jpg

P1000853_convert_20130504154143.jpg
アヤソフィアのマリア像は2階の限られたスポットで
はっきり見える、それは心に染み入る感動的な絵だった。

バザールでお買い物
P1000874_convert_20130504154317.jpg
焼き栗、買い方がわからず困っていたら味見させてくれた。
おいしかった。

P1010329_convert_20130504160125.jpg
魚も大きなえびもおいしそーー

ボスポラス海峡クルーズ
マルマラ海と黒海をつなぐ運河は
次々と外国からの船が並ぶ様子が見られた。
多分Dr?の息子さんと参加していた老紳士は
自分が掛けた橋をもう一度見たくてーといつまでも見つめていた。

P1010394_convert_20130504160219.jpg
観光船から夕陽を眺める。

最後に、今のシルクロード。
P1010079_convert_20130504160018.jpg

~2013春。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

うさぎいぬ

Author:うさぎいぬ
日々のできごと、家族のこと、息子のクローン病のこと、仕事のこと、ペットのうさぎのこと、旅のことなど、徒然に書き続けます。

最新記事

カテゴリ

未分類 (11)
プチ旅 (3)
旅っくす (12)
愛すべきいろいろ (14)
想うこと… (31)
映画好き (13)
依存する生き方 (3)
クローン病 (5)
ある日の出来事 (24)

黒ねこ時計 くろック D03

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
31389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
家族日記
1116位
アクセスランキングを見る>>

こんにちはーーの数

ぺんぎんWALK

う~ん、よかったらクリックしてね。

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。